Header Image
Cart 0 items: $0.00

閉じる

個数 商品 説明 値段 合計
  小計 $0.00

カートを見る

 

The 90 Plus Wine Club Jp

Chinese Flag Singapore Flag US Flag
TOP

第13回 プレミアム・セレクション

Andrew Geoffrey Vineyard  アンドリュー・ジェフリー・ヴィンヤード

設立年:1995
オーナー:ピーター・トンプソン
ワインメーカー:ジョン R ギブソン
解説:ピーター・トンプソンは、南カリフォルニアの大学に在学中の1973年にナパ・ヴァレーを訪問して以来、そこで営むワイン事業へのビジョンを具体的に持ち始めた。1992年、名高きナパ・ヴァレーのブドウ畑を所有することを目標に掲げて行動し始める。究極のブドウ畑の探索に2年半の年月を掛けたピーターは、ダイヤモンド・マウンテンの頂上に位置するアンドリュー・ジェフリー・ヴィンヤードの土地を選んだ。この未開発の土地が、適切なる努力の組み合わせによってワールドクラスのカリフォルニア・カベルネ・ソーヴィニヨンを生産する最先端のブドウ畑になる可能性をピーターは見抜き、1995年についに購入する。このダイヤモンド・マウンテン独特の雑木林の土地は、経験豊富な専門家チームによりブドウ畑に変身した。その後もピーターの念入りな計画通りに、最初の1年間で必要な許可書を取得し、ナパ・ヴァレーで最も大規模な浸食対策案を作成、ナパ・ヴァレーの有名なワイン専門家のレックス・ゲイトナーの指導のもとで13エーカーの土地が整えられた。
1996年に、ピーターはレックスが選んだ台木とクローンを購入し、1997年の7月下旬には、断面植栽が完了した。こうして2000年にアンドリュー・ジェフリー・ヴィンヤードのカベルネ・ソーヴィニヨン、最初のヴィンテージがデビューを果たした。

 

Antica Napa Valley  アンティカ・ナパ・ヴァレー

設立年:2006
オーナー:アンティノリ・ファミリー
ワインメーカー:レンゾ・コータレラ
解説:「アンティカ」は、アンティノリ・カリフォルニアのシンボルであり、26世代に亘るワイン醸造への一族の情熱をイタリア語で表現するものである。アンティノリ家の歴史はまた、6世紀に亘るトスカーナの伝説的なブドウ畑から最新のカリフォルニアのエステートに至るまでのワイン醸造への献身的愛の物語でもある。
息をのむほど美しいアンティカ・ナパ・ヴァレーのエステートは、ナパ・ヴァレーの東の山の高台に位置する。人里離れたアトラスピーク地区の550エーカーの敷地では、アンティノリ一族のワイン造りに対する規律と配慮を証明する小ロットのワインが生成される。その丘陵地帯、岩土壌、高地、そしてその美しい風景は、ブドウを育てる理想的な土地となる。
その土地の本来の“DNA”が、卓越した個性とスタイルを持ち合わすワインを生産することをアンティノリは信じている。2007年9月には、アンティカ・ナパ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨンとシャルドネが数量限定発売された。ヴィンテージ毎に、カリフォルニアの最高傑作となるワインの道を開くことは確実であろう。

 

Blackbird Vineyards  ブラックバード・ヴィンヤード

設立年:2003
オーナー:マイケル・ポレンスキー
ワインメーカー: アーロン・ポット

解説: 2003年にマイケル・ポレンスキーによって設立されたブラックバード・ヴィンヤードは、ナパ・ヴァレーで素晴らしいポムロール・ワインを生産する熟練したワイナリーである。1997年に植え付けた葡萄畑は、穏やかな気候と深い砂利土壌に恵まれたオーク・ノール地区の中心部に位置している。葡萄畑の谷底の地質は、ワインメーカーのサラ・ゴット、醸造者のアーロン・ポット等に、短期的にも長期的にも貯蔵可能な、エレガントなスタイルで、バランス良い赤ワインを生産させる最適な生育条件をもたらせている。数量限定のこのワインは、ワイナリー直々のメーリング・リスト、及び世界中の優れたレストランとホテルを通じてのみ入手可能となる。

 

Collier Falls コリアー・フォールズ

設立年:1997
オーナー:バリー・コリアー
ワインメーカー:バリー・コリアー
解説:コリアー・フォールズは、カリフォルニア・ヒールズバーグの美しいドライ・クリーク・ヴァレーに位置している。ソノマ郡の持続可能農場20エーカーの葡萄畑から6種類の赤ワインを生産している。ワインのブランド名は、ジンファンデルを栽培している葡萄畑に隣接する滝から付けられた。
1997年に、バリーとスーザン・コリアーは、フェラーリ―カラーノ・ワイナリーから、この葡萄畑を購入し、コリアー・フォールズを設立した。初めて市場に出した1997年ジンファンデルがワイン・スペクテイターで90点の評価を得、2007年ジンファンデルは、ワイン&スピリッツで92点の評点を獲得した。
葡萄畑の丘は彼らの家、彼らの歴史と未来そのものであり、愛情をこめて一つ一つの葡萄の木を扱っている。その木々は彼らに素晴らしい果実を見返りに与え、ワイン生産地の真の味と特性を表現できるようなワインを生産させてくれている。

 

Domaine Carneros  ドメーヌ・カーネロス

設立年: 1987
オーナー:シャンパン・テタンジュ
ワインメーカー: アイリーン・クレイン

解説: カーネロスの中心部に位置するドメーヌ・カーネロスは、創設者のシャンパーニュ・テタンジェの伝統と素晴らしさを表わすカリフォルニアの顔である。1987年、シャンパーニュはパートナー会社のコブランド社とともに、世界クラスのスパークリング・ワインの生産地と認識されたカーネロスの中心部にある138エーカーの土地を葡萄栽培のアペレーションとして選んだ。また、クロード・テタンジェは、地所の計画および開発を統括するため、ワイナリーにとって最初で唯一のワインメーカーとしてアイリーン・クレーン氏を指名した。最高経営責任者および創立醸造者のアイリーンは、初めての収穫以来ドメーヌ・カーネロスの舵取りをしており、自らがワインと業務運用を監督し続けている。ドメーヌ・カーネロスは当初からスパークリング・ワインの評判を確立してきた。特にブリュット・ヴィンテージとル・レ―ヴ・ブラン・ド・ブランの贅沢なキュヴェは格別である。更に、ワイナリー設立当初の数年間はいくつかのカリフォルニア州の大手生産者にピノ・ノワール果実を販売していこともあった。その自信から1992年にドメーヌ・カーネロスのレパートリーにピノ・ノワールが加わった。このピノ・ノワールは濃厚な赤い果実の味、複雑な味わいの層、ビロードのような仕上がりが特徴である。すべてのワインにカーネロス・アペレーションの表示がなされ、果物の95%が独自の葡萄畑から収穫されており、2008年4月には全州の葡萄畑を対象とするカリフォルニア有機認定農家(CCOF)による有機認定を受けている。

 

Ehlers Estate  エラーズ・エステート

設立年:1985
オーナー: シルヴィアヌ・ルデュク
ワインメーカー: ケビン・モリッシー
解説:エラーズ・エステートの目標は、原産地を反映させたワインを生産することである。小さな家族農場経営で、持続力、コミュニティ、品質、慈善、歴史といった価値観を反映させる。1985年には、ビジネス、ボルドースタイルのワイン、そして恩返しをという情熱を持って、ジーンとシルヴィアヌ・ルデュクは、セント・ヘレナのすぐ北側に位置し、1886年に造られた歴史ある42エーカーのバーナード・エラーズ・エステートの畑を購入し、再生を始めた。
2002年にジーン・ルデュクが亡くなり、ワイナリーは、ルデュク財団の資産となる。現在は葡萄畑からワイン醸造、スタイルの方針に至るまで、ワインメーカーのケビン・モリッシーに委ねられている。ナパ・ヴァレーの中でも最も葡萄栽培に適した土壌に植え替えを行い、芸術的なワイナリーとバレルを建築し、カリフォルニアとヨーロッパをひとつにしたワインのスタイルを定義し、オーガニックとバイオダイナミック農法で、ワールドクラスのワインを生産、そしてその利益は心血管疾患の研究にあてる、エラーズ・エステートはナパ・ヴァレーでも類のない位置づけとなっている。ワイナリーでは、ソーヴィニヨン・ブラン、メルロ、カベルネ・フラン、およびカベルネ・ソーヴィニヨンを生産。主要なカベルネ・ソーヴィニヨン“1886”は、バレルのチャイの後ろにある最西端のパーキンズの一区画からエーケンズ丘のアサンブラージュである。

 

Hidden Ridge Vineyard   ヒドゥン・リッジ・ヴィンヤード

設立年:2001

オーナー:キャシディ・ウォード&リン・ ホファケット

ワインメーカー: マルコ・ディギリオ & ティモシー・ミロス
解説:マヤカマス山脈のスプリング・マウンテンの南側と西側の斜面上の節くれだった樫やマンザニタ森林に囲まれたヒドゥン・リッジ・ヴィンヤードは、頑丈な四輪駆動車、徒歩、またはヘリコプターでしか行くことができない人里離れた場所である。55エーカーの葡萄畑はホファケットとキャシディ・ウォード夫妻により、一流のカベルネ・ソーヴィニヨンを育てるために開拓された。55度の急な斜面に位置する葡萄畑の管理からワインの製造過程の全てはマルコ・ディギリオとティモシー・ミロスが任され、彼らの努力の結果、声高に賞賛する45ドルのカベルネ·ソーヴィニヨンが誕生したのである。
オクラホマ州出身で起業家のキャシディ・ウォードとリン・ホファケットが1991年にヒドゥン・リッジ・ヴィンヤードを購入したとき、その民間の狩猟クラブの跡地が遠く離れた静かな郊外の暮らす場所として最適だと思った。しかし、その農村地を住宅用に開発することがいかに難しいことであるか、その時には理解していなかったのである。最終的に、それは人間より葡萄の方が適していることが判明し、カベルネ・ソーヴィニヨンが、人を寄せ付けないような高度900〜1700フィートの山の斜面で成長することがわかった。葡萄畑の開発と植栽に6年間をかけ、ホファケットとウォードは、2000年に果実の販売を開始した。葡萄園の評判を築くために2001年に彼らは実験的に小量のワインを造ったのをきっかけに、ヒドゥン・リッジ・ヴィンヤードのカベルネ・ソーヴィニヨンが生まれる。現在の生産量は5000ケースになり、ウォードとホファケットは果実のほとんどをヒドゥン・リッジ・ヴィンヤードのラベル用に確保している。

 
Lail Vineyards  レイル・ヴィンヤード

設立年:1995
オーナー:ロビン・ダニエル・レイル
ワインメーカー:フィリップ・メルカ
解説:1995年にマネージング・パートナーのロビン・ダニエル・レイルが設立したレイル・ヴィンヤードは、ナパ・ヴァレー130年のワインの歴史と伝統の頂点に位置している。この会社のルーツは、ロビンの曽祖伯父のキャプテン・グスタヴ・ニーバームがイングルヌック・ヴィンヤードを設立した1879年に遡る。産業の革新、リーダーシップ、そしてニーバーム氏と甥の息子ジョン・ダニエル・ジュニアが手がけた樽から伝説となるワインが生まれるような、豊かな時代であった。初めてワインをガラスのボトルに収め、そのボトルに「ナパ・ヴァレー」のラベル表示をしたのも、その時の彼らである。イングルヌック・ヴィンヤードは1964年に売却されたが、1970年にジョン・ダニエル・ジュニアの娘、ロビンによって家族はワインとの関わりを再開することとなった。ロビン・ダニエル・レイルはロバート・モンダビのパーソナル・アシスタントとして5年間勤め、その後、1980年代初め、「ドミナス」と「メリーベール」ワイナリーをそれぞれのパートナーと共同設立した。1995年、レイル家は自分達の所有権を他のワイナリーに手放し、自分達の伝統について考えた。そして、ロビンと夫のジョン、そして2人の娘たちは、その伝統を21世紀へと繋ぐことを決め、6世代目となる彼らのグラーヴ・スタイルのソーヴィニヨン・ブラン、孫娘の名前から取った“ジョージア”が生まれた。レイル・ヴィンヤードの全てのワインは、ワインメーカーとして名が通っているフィリップ・メルカによって造られている。彼の才能は葡萄畑においてもワインセラーにおいても発揮されている。ロビンの父親であるジョン・ダニエル・ジュニアは、「ナパ・ヴァレーは世界一のワインを生産できるところだ」と常々言っていた。現在その彼の子供や孫が先祖代々続く優れたワイン造りの伝統を繋いでいるのである。

L'Angevin  ランジュヴァン

設立年:2001
オーナー:ピアソン夫妻&マイヤー夫妻
ワインメーカー:ロビー・マイヤー
解説:2001年のある春の夜に2組の夫婦、アランとレスリー・ピアソン、ロビーとシャノン・マイヤーは、ワインを飲みながら将来について語り合っていた。そしてその夜が、彼らが共に冒険を始める第一歩となる記念すべき夜となった。彼らは、ロビーがオノロジストとアシスタント・ワインメーカーとして、そしてアランとレスリーがワイナリー・エステート及びプロジェクト・マネージャーとして勤めていたピーター・マイケル・ワイナリー・エステートで知り合った。4人は、思いついたワインのブランド名とロゴをカクテル・ナプキンにスケッチし、 同年の秋には、最初のヴィンテージ、ロシアン・リバー・ヴァレー・シャルドネ“L’Angevin”を300ケース製造した。2組の夫婦は2005年にオリジナル・ラベル“L’Angevin”の姉妹ラベルとして“ピアソン・マイヤー”を出した。このラベルは“L’Angevin”を生み出した2組の夫婦の名字にちなんで名づけられたものである。彼たちは小さな畑で最適なワイン用の葡萄を丁寧に育て、少量の手造り“ピアソン・マイヤー”ラベルをソノマ・コースト、ナパ・ヴァレーから出荷している。

 

Merry Edwards Winery メリー・エドワーズ・ワイナリー

設立年:1997
オーナー:メリー・エドワーズ & ケン・ クーパースミス
ワインメーカー:メリー・エドワーズ
解説:カリフォルニア州初の女性ワインメーカーの一人、メリー・エドワーズのキャリアは、1974年にサンタ・クルーズ山脈にあるマウント・エデン・ヴィンヤーズから始まった。彼女は1977年にマタンザス・クリークで設立時のワインメーカーとなり、1984年までそこで働く。次の十年間はオレゴン州とカリフォルニア州の多様なアペラシオンで、大小、様々なワイナリーのコンサルタントとして活躍していた。
1997年、家族や友人と共にロシアン・リバー・ヴァレーとソノマ・コーストの特徴を用いたピノ·ノワールの生産に焦点を合わせたメリー・エドワーズ・ワイナリーを設立する。彼女は夢を全うし、現在夫のケン・クーパーと共にクーパースミス、クレスタ・ドーロ、フラックス、ジョルガンヌとメレディスの葡萄畑5カ所を管理している。また、彼らはこれらの土地の生産を補うために、他のいくつかの熱心な生産者との協力関係も維持している。現在までには二つの地域のブレンド、及び6種類の葡萄園指定がボトルされ、2001年には樽発酵させたソーヴィニヨン・ブランのブレンドが生産リストに加えられた。
メリーとケンは2008年にクーパースミス・ヴィンヤードの跡地に新しい最先端のワイナリー施設を完成させた。この新しい場所では訪問客に対して土地固有の葡萄栽培の教育を目的として、メリーの手造りワインの試飲が行われている。

 

Miner Family Vineyards マイナー・ファミリー・ヴィンヤード

設立年:1998
オーナー:デイヴ・マイナー
ワインメーカー:ゲーリー・ブルックマン
解説:オークヴィルの東の丘に、デイヴ&エミリー・マイナーによって設立された家族経営のワイナリー。品質を保ちながらも、それだけでは飽き足らず、個性的なスタイルのワイン造りを目指し、ナパ・ヴァレーとしては異質な存在である。わずか数年のうちにカリフォルニアで最高の畑を確保し、多様な葡萄を栽培している。ナパ各地のステージコーチ・ヴィンヤードはメルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランおよびシラー。マデラのシンプソン・ヴィンヤードはヴィオニエ。メンドシノのギブソン・ランチはサンジョヴェーゼ。サンタルシア・ハイランドのゲーリー・ヴィンヤードとロゼーラ・ヴィンヤードはピノ・ノワール。そして、どの葡萄から造られるワインも、畑の特徴を取り込んだ個性豊かなものとなっている。マイナーは、畑ばかりでなく、ワイナリーに必要な優れた人材の確保から、販売者、レストラン、消費者まで人にも深く関わっている。また、デイヴの祖先はさかのぼると古代アッシリアにたどり着く。ラベルのデザインは、古代アッシリアのレリーフ、翼を持つ太陽神をイメージしている。このシンボルは、人類の命を照らし、葡萄の木にエネルギーと暖かさを与える輝く陽光を表している。

 

Roy Estate ロイ・エステート

設立年:2001
オーナー:チャールズ&シャーリー・ロイ
ワインメーカー:フィリップ・メルカ
解説: 異業種で大成したロイ夫妻が1999年プロゴルファー、ジョニー・ミラーの葡萄畑を購入後、数々の伝説の持ち主でワインコンサルタントのヘレン・ターリーにワイナリーの設計と葡萄畑の植え付けを依頼した。畑はヴァカ山脈の麓のソーダ・キャニオン・ロード沿いにある。サン・パブロ湾からの涼しい海風によって葡萄はゆっくり成熟する。冷涼な気候によって糖度が高くなりすぎる心配もなく、最適の糖度と風味を併せ持ち、酸と糖が完璧なバランスの葡萄を収穫できる。ワインメーカーはボルドー大学で葡萄栽培と醸造学を修め、シャトー・ペトリュス、シャトー・オー・ブリオンなどでワイン造りに関わってきたフィリップ・メルカ。ロイ・エステートで造られるワインは、新世界と旧世界の最高のもの。つまり、豊かな陽光に恵まれたカリフォルニアのすばらしい葡萄を使い、ワインはボルドー第一級シャトーのエレガンスとフィネスを兼ね備えている。ロバート・パーカーは、2004年の発売以来このワイナリーのロイ・エステート・プロプライアタリー・レッドとロイ・エステート・カベルネ・ソーヴィニヨンに94点から95点を与えている。